Welcome to my homepage

インターネットを使ったカードローン申込みの方法

カードローンの申込みをする際には今までの場合コールセンターに電話して、必要な書類を郵送する方法が主流となっていましたが、インターネットを利用して手続きができるようになってから、時間をおかずに借り入れができるようになりました。
大手の消費者金融業者だけでなく、インターネットバンキングを取り入れている銀行でも対応しています。
手続きを進めるには、金融機関のサイトの所定のフォームに必要事項を入力します。
個人情報や勤務先、希望する借入額等になりますので、間違いのないようによく見直しながら入力し、フォームから送信した後に必要書類の送付を行います。
書類情報を送付する際の注意事項として、書類はインターネットでもスマートフォンからでないと送れないことが多いです。
理由としては、スマートフォンで書類の写真を撮り、アプリから送信しなくてはいけない場合があるからです。
普通のデジタルカメラで撮る場合は規格に違いがありますので、受け付けられない可能性が高いため、金融機関に専用の申込み受付の機械がある所であれば設置場所まで出向き、書類を読み取らせて送信すればすぐに対応してもらうことができます。
なお、消費者金融 借り入れとは違って、銀行のカードローンの場合は専用の機械自体がないことが多いため書類が郵送での手続きになり、急ぎの方には向かない場合もあります。
インターネットで無事申込み手続きが完了した場合や明細や連絡事項等があった場合、郵送で書類を送付することなくメールで通知してもらうように設定できます。
スマートフォン等、専用で使っている通信機器を指定すればカードローンの利用が家族にばれにくいのでとても便利です。

不動産を担保に、手堅い融資を受けられます。

不動産融資とは、一般に主に家や土地などの資産を担保にした事業者向けのローンの事を指します。
通常、借り入れを行う場合には債務者のサラリーや事業収入などを審査基準にしますが、家や土地などを担保にする事により、その担保を返済能力の証として審査を行います。
収入が少ない、または不安定、事業が思わしくないと言うような時でも、家や土地などの資産を担保にする事で借り入れが可能になります。
毎月決められた額を返済すれば問題有りませんし、万が一返済不能になったとしても、その担保を処分して返済に充てる事が出来ます。
極端に担保の資産価値が減るような事でも無い限り、担保を失うだけで損失を抑える事が出来る為、比較的安全性の高い借り受け方法です。
家や土地を担保に資金を借り受ける時に、その資産価値満額を借りる必要は有りません。
例えば1千万円の価値が有る建物でA社から100万円借りたとします。
その後さらに資金が必要になり、B社から200万円借りる、このような事も可能です。
A社が一番最初に貸し付けを行いましたので、もっとも優先的に担保にて返済を受ける事が出来る抵当権を所有します。
これを一番抵当権と言います。
B社はその後に貸し付けを行いましたので、二番抵当権です。
一番抵当権でA者が貸し付け金額を回収した後、残り900万円ほどの価値が有るので、残りで回収出来ると踏んで貸し付けた訳です。
このように、一つの不動産にて複数の融資を行う事が出来るのもメリットで有り。
自社の持つ資産を活かして手堅い資金繰りを行う事が可能です。


▲pagetop